30代底辺職からの脱出

底辺職からの脱出を目指すブログです

尋常性乾癬 1

前回、身に覚えのないγ-gtp値数値の上昇で嫌な予感がしていたんだが的中してしまった
 
 
γ-gtp値67→170 \(^o^)/オワタ
 
 
何が終わったって、ステラーラを打たせてもらえなかった
それだけならともかく、今後ステラーラ以外の薬を検討する方針になった;
 
 
どうも担当医が言うにはステラーラは世に出てまだ間がなく、これまでは副作用として肝障害の関連性は否定されてきたが、最近になって可能性も否めないという結論に至った
 
そして、職歴僅かはステラーラで肝障害を起こす数少ないタイプの患者だと
 
 
\(^o^)/オワタ
 
 
3ヶ月に1回注射を打つだけで症状の90%を抑えることが出来る魔法の薬ステラーラ
乾癬患者にとっては救世主のような存在だった薬
その薬を打てなくなる絶望・・・

 
これまで3ヶ月に1度の投与で健康状態を維持できると面接で胸を張って主張してきたのだが
その3ヶ月に1度ですら面接官は顔をしかめて渋るような態度だった
 
これが別の薬になれば月に1度の投与になったり、半日点滴になったりする訳だ
それ以外でも生まれてくる子供が奇形になったり、自殺願望が増すような劇薬や、今の医療費の1.7倍もする薬とかetc
ただでさえ絶望的な人生&就活がより深い絶望へと変わる
 
 
もうガチで終わりかもしれない;
 
 
54f30697a5124076117b422b447b4a0c
 
 
あと、建機の1次面接の結果連絡がないままリミット(医療機器の面接参加の期限)を迎えてしまった;
どうしたもんか;

書類選考通過 10

POSシステムの営業
建機の営業
社内SE兼総務←next
医療機器の営業A
医療機器の営業B
 
 
社内SE兼総務が書類選考通過

ここはとにかく年間休日が少ない
休みが基本日曜祝日だけ、それに加え年末年始とお盆、GWに休みがあれば80いくかいかないか
 
ただ、有給の取得率が高いらしいことと月に1日自由に休める日があること
あと、定時の時間が比較的早いこと

これらをうまく利用すれば何かできることもあるかも?(夜間大学やなんか資格挑戦など自己研鑽的な意味で) 

書類選考通過 9

POSシステムの営業
建機の営業
社内SE兼総務
医療機器の営業A←next
医療機器の営業B
 
 
当初第一志望だった医療機器の営業Aが書類選考通過
しかし、建機の営業の面接を受けて志望度が傾きつつある

と言うのも医療機器の営業Aの条件に多少難があるのだ

 
・難1 定額残業制 月40時間前後
・難2 住宅補助制度の表記がない
・難3 試用期間が6ヶ月
・難4 基本給がかなり低く、大部分が手当で賄われている
・難5 面接会場である東京行きの夜行バスの値段が前回より値上がりしている(片道7500→9500)


関東まで遠征してこの条件で働くのはどうなのかと
いや、選べる立場ではないのだがそれでもなぁ・・・
 
中でも特に難3の試用期間6ヶ月がひっかかる
と言うのも前職の医療データメンテナンスの仕事も試用期間が6ヶ月で、3ヶ月目に理不尽な解雇宣告をされたから二の舞になりそうで正直怖い
 
幸い、面接に参加するかどうかの返答の期限は数日猶予があるので建機の面接の結果をギリギリまで待って動こうと思う
 
639f361d


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
最新コメント
  • ライブドアブログ