30代底辺職からの脱出

底辺職からの脱出を目指すブログです

病気

尋常性乾癬 1

前回、身に覚えのないγ-gtp値数値の上昇で嫌な予感がしていたんだが的中してしまった
 
 
γ-gtp値67→170 \(^o^)/オワタ
 
 
何が終わったって、ステラーラを打たせてもらえなかった
それだけならともかく、今後ステラーラ以外の薬を検討する方針になった;
 
 
どうも担当医が言うにはステラーラは世に出てまだ間がなく、これまでは副作用として肝障害の関連性は否定されてきたが、最近になって可能性も否めないという結論に至った
 
そして、職歴僅かはステラーラで肝障害を起こす数少ないタイプの患者だと
 
 
\(^o^)/オワタ
 
 
3ヶ月に1回注射を打つだけで症状の90%を抑えることが出来る魔法の薬ステラーラ
乾癬患者にとっては救世主のような存在だった薬
その薬を打てなくなる絶望・・・

 
これまで3ヶ月に1度の投与で健康状態を維持できると面接で胸を張って主張してきたのだが
その3ヶ月に1度ですら面接官は顔をしかめて渋るような態度だった
 
これが別の薬になれば月に1度の投与になったり、半日点滴になったりする訳だ
それ以外でも生まれてくる子供が奇形になったり、自殺願望が増すような劇薬や、今の医療費の1.7倍もする薬とかetc
ただでさえ絶望的な人生&就活がより深い絶望へと変わる
 
 
もうガチで終わりかもしれない;
 
 
54f30697a5124076117b422b447b4a0c
 
 
あと、建機の1次面接の結果連絡がないままリミット(医療機器の面接参加の期限)を迎えてしまった;
どうしたもんか;

NASH 3

前回の診察からさらに1ヶ月、QOL維持をかけた聖戦
 
今日は血液検査だけ
 
前回医者に出された条件
 
 
・1日40分以上ウォーキングをする←clear

・1日40回腹筋する←clear
 
・麺類は食べない←clear
 
・肉類は食べない←clear
 
・菓子パンも食べない←clear
 
・ご飯は茶碗1杯の8割に減らす←clear
 
・鉄分のある食べ物は控える←clear
 
・ウルソを服用する←clear


体重は68kg→65kgまでさらに3kg落とした
さすがに今回こそはγ-gtpも多少は下がっているだろう…いや下がっているに違いない…
 
  
医:γ-gtp値ですが320→67に下がってます
 
俺:!?
 
医:頑張りましたね、今回はステラーラ打てますよ!

8fd563a9a46cd6b174ad54ea01b4c07e
 
 


頭の中でUNICORNが流れた瞬間であるw

食事制限や運動を頑張ったのもあるがやはり決め手はウルソだろう
これ飲み出してから一気に数字が下がった
医者は気休め程度にしか効かないと言っていたがとんでもない、ウルソ様様だ
これで安心して就職活動に専念できるぜ!

NASH 2

前回の診察から約1ヶ月と10日、ステラーラ継続をかけたリベンジである
 
今日は血液検査に加え、腹部のエコーまで撮った
 
 
前回医者に出された条件
 
 
・1日40分以上ウォーキングをする←clear

・1日40回腹筋する←clear
 
・麺類は食べない←clear
 
・肉類は食べない←clear
 
・菓子パンも食べない←clear
 
・ご飯は茶碗1杯の8割に減らす←clear
 
 
体重も72kg→68kgまで4kgも落ちた
さすがに今回はγ-gtpもがくんと下がってるだろう、今日くらいは美味いもんでも食うか…
 
 
と思っていたら
 
 
医:頑張られたようで内蔵脂肪は確かに減っているのですが…γ-gtp値は上がってますね
300→320に上がってます
 
俺:え!?
 
医:今回もステラーラはやめておいた方が良いでしょう、依然重度のNASHの状態です
γ-gtp値が100位まで下がったら射てるようになるんですが
 
俺:…
 
医:あ、あと青汁とか飲んでないですか?
鉄分が肝臓に負担かけることもあるので赤身魚やサプリメントの類もストップしてください。
次回6月の末にもう1回様子見ましょう、肝臓保護する薬(ウルソ)も出しておきます。
 
 
 
今の時点で1ヶ月10日オーバーで、次回6月の末ってなると、
最後にステラーラ射ってから約6ヶ月空くことになる訳で…
 
完璧に全身乾癬コースです、ありがとうございます

NASH 1

現在3ヶ月に1回、尋常性乾癬の対処療法として生物学的製剤ステラーラを服用している
 
この注射を射つ際は必ず血液検査をしてγ-gtp(肝臓の解毒作用に関係している酵素)の数値に異常がないか検査する
 
検査のたびにこのγ-gtp値が高い高いと先生に指摘されていたのだが
今回ついにその数値が300を越えてストップがかかってしまった;
 
これまでも酒を飲んでないか何回も聞かれたのだが
俺は無職期間中は一切アルコールを断っているので思い当たる節がない

 
そこで急遽、肝臓内科で診察を受けることになった
診察の結果、非アルコール性脂肪肝のNASHと診断された
主に肥満体の人がかかる病気で内臓脂肪が極めて多い状態らしい
その中でも俺のは入院一歩手前の危険なレベルだと
 

しかし、ここでも俺は思い当たる節が無い
なぜなら暴飲暴食など一切していないからだ
と言うか無職なので収入もなく外食も一切できず、飯も家で出されたものしか食べることができない
間食は1日1個菓子パンくらいで飲み物も常時お茶、ジュースの類も飲んでいない
加えて体重も72kgと170cmの身長に対して平均の域である
 
 
なので耳を疑ったのだが間違いはないらしい
 
医者が言うにはこのNASHの状態は薬の副作用を受けやすいらしく
γ-gtp値が過剰に上がってるのはNASHの状態でステラーラを射っているからかもしれないと
 
 
かくしてこの日からNASH改善のための内蔵脂肪ダイエットが始まった
具体的には
 
 
・1日40分以上ウォーキングをする

・1日40回腹筋する
 
・麺類は食べない
 
・肉類は食べない
 
・菓子パンも食べない
 
・ご飯は茶碗1杯の8割に減らす
 
 
これを徹底しろとの事
無職の上に献立の自由まで失うとか激しく萎えるが
ステラーラを射てなくなると乾癬がぶり返るのでやるしかない;

持病について 3

2014年に新聞で地元の総合病院に乾癬の専門医がいると知り、
半ばあきらめながらも一抹の望みをかけて診察を受ける
 
 
俺が引きこもってる間に生物学的製剤(ステラーラ)という新しい対処療法ができたらしく、
3ヶ月に1回注射するだけで症状が8割強回復するらしい

 
まさに夢のような話である
 
 
ただし、デメリットもあって

 
・自己免疫疾患を抑えるために免疫力を低下させるので他の病気にかかりやすくなる
 
・肝臓に対して副作用がある※
 
・医療費が高すぎる(3割負担で13万、高額療養費制度を使って4万)
 
 
この薬を服用しだして約4ヶ月、2015年1月にやっと寛解したのだった
 


 
※この件でのちのち苦しむことになる
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
最新コメント
  • ライブドアブログ